スマートフォン、携帯電話、白ロムの買取は、高額最低の音信

iphoneパーツ販売・リペア・買取はこちら

 
  1. トップページ
  2. コラム一覧
  3. スマホ・iPhoneを買取ってもらう時のSIMカードについて

● スマホ・iPhoneを買取ってもらう時のSIMカードについて

中古のスマホ売買は珍しくなくなった

iPhoneやAndroid端末など、中古のスマホをネットオークションで売買したり、
業者に買取してもらうことは珍しくありません。
いわゆる白ロムという中古のスマホですが、手軽に機種変更できることから人気が高まっています。
新品なら数万円もするスマホを、中古なら1〜2万円程度で買うことも可能です。
また、逆に買取してもらった場合でも数千円〜数万の値で売ることができます。
すでに使わなくなったスマホをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
業者に買取してもらうことは決して珍しくありませんし、新機種購入時のお金に充てられます。
しかし、これから中古でスマホを売る場合、SIMカードの取り扱いには注意が必要です。

中古スマホを売却する際はSIMカードを抜く

SIMカードは、電話番号や電話帳など、様々な個人情報が詰め込まれた小さなチップです。
マイクロSIMやミニSIMなど、SIMカードにもいくつか種類があり、利用できる端末も異なります。
各携帯会社がそれぞれSIMカードを発行・管理しています。
異なる会社間ではSIMカードを相互利用できないのが一般的です。
これからスマホを売却する予定の方もいるかと思われますが、SIMカードは最も注意しなければいけません。
なぜなら前述通り個人情報が入っており、抜いてから買取ってもらうことが必要です。
扱いを間違えると個人情報を手渡すことになりますので、何らかのトラブルに巻き込まれるおそれもあります。
iPhoneの場合、設定からSIMカードの関連付けを消去できますので、
必ず設定してから買取してもらいましょう。
中古のスマホは色々出回っていますが、SIMカードが挿されたままの状態になっている場合もあります。
ただリスクはありますので、必ず機種との関連付けを消去したり、抜くことを忘れてはいけません。 SIMカードは解約の際にも使用するため、手元に保管しておくことをおすすめします。